社会状況に見る期間従業員の求人

バナー

社会状況に見る期間従業員の求人

期間従業員とは、企業が必要に応じて、就業期間を限定した形で求人を行い、雇用している従業員のことです。

主に自動車工場のライン業務など、専門的な職能の必要がない単純作業が多いとされます。

かつては冬の間の農家の出稼ぎ労働者の方々が、近年ではフリーター、外国人など、正社員として就職できなかった方々が多く雇用されています。



期間従業員の人員数、求人数は、景気によって大きく左右されます。景気が下向きになれば、正社員としての就職の困難、人員整理などから、多くの期間従業員の人員が確保されますが、その一方で企業の経営の悪化に際しては、真っ先に人員整理の対象となります。
景気が上向きになれば、正社員登用が増え、職にあぶれる者が減っていくので、当然人員の確保は難しくなります。
そのため単純な求人では見向きもされないので、企業側は特別手当や正社員への登用制度など、付加価値をつけることによって人員を集めることに努めます。

しかし難儀なことに、再度不景気へと転じた時には、正社員登用制度は廃止され、再び人員整理の対象となるなど、職の安定を脅かされます。

期間従業員の求人情報選びのお役立ちコンテンツ満載です。

つまり期間従業員は、常に一企業の、ひいては社会全体の都合によってその運命を左右されているのです。


職業に貴賎なしというように、いかなる単純作業であろうと社会にとっては等しく必要不可欠な存在であるはずです。

しかし社会全体のしわ寄せは、常に期間従業員の方々が受け続けているのです。

楽天市場はかなり有益な情報が揃っています。



Copyright (C) 2014 社会状況に見る期間従業員の求人 All Rights Reserved.